リカルド語録:ミロンガの心得

4月 / 17

リカルド語録:ミロンガの心得

By / Tango Rex / 0

タンゴ初心者さん(特に男性)にとって、ミロンガデビューは敷居が高いモノかと思います(≧◇≦)

そこで、以前スタジオでは初心者さんに向けた「デビューミロンガ」を開催していました♪

(リカルド先生は「キンダーガーデンミロンガ」と言って楽しんでいました笑)

 

その際、リカルド先生は男性陣に「君達が初心者ならミロンガに行く時には…」

 

心得1:自分の持っている一番良いスーツを着る

心得2:自分の持っている一番良い香水をつける

 

とアドバイスしていました☆

 

「君達はまだダンスで女性を満足させるコトは出来ないかもしれない、しかし…」

 

「良い服を着て良い匂いがする男性の腕に抱かれて嫌がる女性はいない!」

 

と…

 

男性陣からは「Re…Really …???」との声でしたが…笑

 

 

コロナ自粛の今、ミロンガも開催出来ない状況ですが、1日も早く安全にミロンガを楽しめる日常に戻りたいですね♡

 

ギャラリー

リカルド語録:音楽が教えてくれる 以前、男性の生徒さんがリカルド先生に   「即興で踊る時どうやってステップを考えているんですか?」   と質問した時、リカルド先生は   「音楽が教えてくれるんだよ」   と仰っていました☆   “考える”のではなく、音楽を“感じ...
豆知識:アルゼンチンタンゴシューズ 女性のアルゼンチンタンゴシューズは8センチ~10センチの ピンヒールが基本です☆   特にアルゼンチン製のタンゴシューズは、木型とヒールの形状が正しく “タンゴ用”になっています◎   例えば、ラテンシューズはラテン系のダンスが踊りやすい様に 足の真ん中重心でバラン...
リカルド語録:アブラッソ リカルド先生曰く、タンゴのアブラッソとは   男性の腕の中で女性が安心出来る様なシッカリした抱擁   でなければならないが、   腕の中で身動きとれない様なキツい抱擁   ではなく   腕の中で女性が自由に動けなけばならない &...
豆知識:アルゼンチンタンゴの曲「バイアブランカ」 ディサルリの代表曲「バイアブランカ」♪   この曲は、ディサルリが愛人に向けて書いた曲で、当初はタイトルを彼女の名前にするつもりでした(≧▽≦)   しかし、そのコトを知った彼女の旦那(偉い将校)に、彼女の名前を使ったら承知しないと脅され、仕方なく名前ではなく彼女が住んでいた地名をタイトルに...
リカルド語録:タンゴヌエボ 10数年前、「ゴタンプロジェクト」などエレクトロタンゴが 流行った時がありました☆   その時に、その曲調に合わせた「ヌエボタンゴ」というダンスの スタイルも流行りましたが、リカルド先生曰く、   「ヌエボはトラディショナルが踊れない人が踊るモノ」   ...
豆知識:アルゼンチンタンゴの楽団「ミゲル・カロ」 アルゼンチンタンゴのオーケストラ「ミゲル・カロ」は 「ロマンチック」とブエノスアイレスの女性に人気です♡   なのでブエノスアイレスのミロンガ(タンゴサロン)では、 男性はカロがかかると自分のお気に入りの女性を誘うのだそうです☆     因みにブエノスアイ...
豆知識:アルゼンチンタンゴの曲「アディオス・ノニーノ」 リベルタンゴに次ぐピアソラの代表曲アディオス・ノニーノ☆ ピアソラが自分の父親が亡くなった時にレクイエムとして書いた曲です♡ とても素敵な曲で生演奏では良く演奏される曲ですが、 ブエノス・アイレスのミロンガでは「バッドラック」と 敬遠されているそうで、タンゴレックスのミロンガで生演奏...
リカルド語録:ステージダンサー 今回はリカルド先生ではなく、リカルド先生の師匠の息子さん パブロ・プグリエーゼ氏の言葉☆   15年位前「タンゴ・エクスプレス」というショーで来日された時、まだまだタンゴ修行中(今もですが笑)だった私に     「ステージダンサーの70%は(本当の)タンゴを...
リカルド語録:学び 以前スタジオでは、リカルド先生監修のタンゴを理論的かつ実践的に、より深く1年間で学ぶCIDコースというカリキュラムクラスを開講していました♪   1年間のコースの最後の日、コースを修了した生徒さん達にリカルド先生が     「今日でコースは終わりましたが、タンゴに限らず学びに終わ...
リカルド語録:4倍 リカルド先生曰く、タンゴの上達において   男性は女性の4倍大変   だから男性は女性の4倍頑張らなければならない(≧▽≦) でも、習得したら   男性は女性の4倍楽しい   とのコトなので、男性陣頑張りましょう♡   そして女性陣は温かい目で見守りましょう♪笑...
リカルド語録:足音 リカルド先生は、タンゴを踊る際、足音を立ててはいけないと仰っていました☆   何故なら、ダンスフロアでは「音楽だけが響いていなくてはいけない」から、と...   又、足を揃える際、わざと足音を立てるダンサーがいますが、ソレは     「田舎者の証」   ...
豆知識:アルゼンチンタンゴの曲「ポルウナカベーサ」 映画「セントオブウーマン」でアルパチーノがタンゴを踊るシーンで使われていた事で有名な「ポルウナカベーサ」☆ 映画「トゥルーライズ」のラストでシュワルツネッガーが踊るシーンでも使われていたり、日本ではロマンチックな曲として人気です♡ しかし、この曲の挿入歌は    ...
リカルド語録:タンゴのメッカ タンゴのメッカはアルゼンチン   と言われますが、リカルド先生曰く   タンゴのメッカはアルゼンチンではなくブエノスアイレス   であり、又   ブエノスアイレス州ではなく、ブエノスアイレス市   であり、もっと言うと   ブエノスアイレス市の港町エリアのみを指す   と...
リカルド語録:ガンチョやボレオ タンゴ選手権のサロン部門では 「ガンチョやボレオなど床から足を離す技をやってはいけない」 という規定があるらしいです◎ ("らしい"というのは、私自身は選手権に興味がないので良くは知らないのですが…苦笑)   コレは審査をするに当たって作られた大会のルールなのだと思うのですが、   大...
豆知識:アルゼンチンタンゴの音楽「ピアソラ」 ピアソラの曲が好きでタンゴを始めた方も多いかと思います☆   でもレッスンでもミロンガでもピアソラはかからなくて不思議だったり寂しかったりした方もいらっしゃったかもしれません(≧▽≦)   何故なら、ピアソラの曲はショーの振付で使われるコトは多いですが、基本的に &nb...
リカルド語録:リードとフォロー タンゴの男性と女性の役割について、わかりやすく「リードとフォロー」と説明しがちですが、リカルド先生曰く   「リードではなくサジェスト」   「フォローではなく一緒に動く」   と仰っていました☆   ご存知の通りリードのコトをスペイン語では「...
リカルド語録:僕は良い先生だけど… あるレッスン中に、リカルド先生が   「僕は良い先生だけど、マジシャンではない」   と仰いました☆   「マジックで君達を良いダンサーに変えるコトは出来ない」   つまり、良いダンサーになるには   「良い先生と自分の努力が必要...
リカルド語録:つながる タンゴにおいて、パートナーとのコネクションがとても重要ですが、リカルド先生曰く、それは   ・抱擁 ・音楽 ・床   で繋がっているとのコト☆   抱擁(アブラッソ)でコンタクトし、同じ音楽を(相手の耳を通して)聴き、同じ床を(相手のPisarを感じて)...
リカルド語録:タンゴが上手い理由 ある日、生徒さんが「リカルド先生はタンゴが上手くて良いですね~」と言ったら、リカルド先生は   「僕が君達よりタンゴが上手いとしたら、それは君達の何百倍も練習しただけ」   だと仰っていました☆   「僕はタンゴの才能を持って生まれた訳でも何でもない」 &...
リカルド語録:自分を… リカルド先生は人にも厳しかったですが(笑)自分にも厳しく、自分のダンスの映像を見て満足したコトはないと仰っていました◎   そして   「自分を上手だと思った時点で、ダンサーとしてのレベルはストップする」   と...   でもある時、生徒さん...
リカルド語録:立つ・踏む・歩く リカルド先生曰く、エレガントなタンゴで大事なのは   ・どの様に立っているか ・どの様に踏んでいるか ・どの様に歩いているか   だそうです☆   どんなにスペクタクルなトリックを見せてくれても、どんなに高速な足技を見せてくれても、姿勢が悪く、床の踏み方...
リカルド語録:タンゴはアート リカルド先生曰く、タンゴはアート♡   「誰もピカソとダリのどちらが良いかなんて決められないのと同じ様に、タンゴもどちらが良いかは見る人それぞれの好みと感性による」   そして"リカルド先生にとって"、タンゴは   「エレガントであるコトが一番大事」 &n...
リカルド語録:サリダは… タンゴの"サリダ"は、どなたも大体まず一番初めに習われるステップかと思いますが、以前リカルド先生監修監督で開催していたディプロマコースで改めてサリダを学んだ際、タンゴを長年踊っているベテランさんが「サリダってこんなに難しかったんですね!」と仰っていた事がありました☆ (因みに私はタンゴを始めて6年...
リカルド語録スタート リカルド先生が不在になり、TANGO REXを再起動して本日10/1で1年になります☆ 折に触れ、リカルド先生の格言の様な(笑)数々の言葉を思い出す様になりましたので、コチラで皆さんと共有したいと思います♪ 反論や反感も出そうなリカルド節も紹介していきたいと思いますが、リカルド先生の独断と偏見で...