リカルド語録:靴の裏

カテゴリー: リカルド語録

  • 日曜日 / 01.09

    リカルド語録:靴の裏

    by: Tango Rex/ 0

    タンゴのウォークでは、後ろ足のヒールは床につかせませんが、リカルド先生は   後ろ足の靴の裏を見せない様に   と仰っていました☆   コレはリカルド先生が駆け出しの頃、ミロンガで年配のミロンゲーロに言われたのだそ~です◎   ヒールを床につかせないのに、靴の裏を見せない様にするには   後ろ足のアキレス腱を伸ばしましょう♪

    Tags : Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 31.07

    リカルド語録:忘れられない説明

    by: Tango Rex/ 0

    リカルド先生のレッスンでは、たまに下ネタ(?)を 使った説明がありました💦   「ブラジャーの線!」←マルカの位置の目安 「オッパイ2つ!」←正対のポジション 「Hカップのつもり!」←胸を引き上げる   しかし分かりやすいのか、これらの説明の後は 皆さん劇的に改善されるので、ただの下ネタではないのです☆   そして、忘れられない説明ですよね♪   これ↑以外にもありますが、ちょっと書けません(笑)

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 30.06

    リカルド語録:音楽が教えてくれる

    by: Tango Rex/ 0

    以前、男性の生徒さんがリカルド先生に   「即興で踊る時どうやってステップを考えているんですか?」   と質問した時、リカルド先生は   「音楽が教えてくれるんだよ」   と仰っていました☆   “考える”のではなく、音楽を“感じる”とゆ~コトですが、 その域に達したら音楽と一体になれて楽しさ倍増間違いなしです♡   その生徒さんは   「いつ音楽は僕に教えてくれるんだ~~~」   と天を仰いでましたけどね♪(笑)

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 01.06

    リカルド語録:アブラッソ

    by: Tango Rex/ 0

    リカルド先生曰く、タンゴのアブラッソとは   男性の腕の中で女性が安心出来る様なシッカリした抱擁   でなければならないが、   腕の中で身動きとれない様なキツい抱擁   ではなく   腕の中で女性が自由に動けなけばならない   つまり、女性に   安心と自由   を与えなければならないのですね♪   日常と一緒です♡笑

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 01.05

    リカルド語録:タンゴヌエボ

    by: Tango Rex/ 0

    10数年前、「ゴタンプロジェクト」などエレクトロタンゴが 流行った時がありました☆   その時に、その曲調に合わせた「ヌエボタンゴ」というダンスの スタイルも流行りましたが、リカルド先生曰く、   「ヌエボはトラディショナルが踊れない人が踊るモノ」   と仰っていました◎ あくまでリカルド先生の台詞です(^^;   私の好きなダンサーもその時期、流行りに乗ったのか(笑)ヌエボスタイルを 踊っていましたが、今はトラディショナルスタイルに戻っています♪   私の個人的な意見としては、   「タンゴはトラディショナルが美しい」   と思います♡  

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 29.03

    リカルド語録:ステージダンサー

    by: Tango Rex/ 0

    今回はリカルド先生ではなく、リカルド先生の師匠の息子さん パブロ・プグリエーゼ氏の言葉☆   15年位前「タンゴ・エクスプレス」というショーで来日された時、まだまだタンゴ修行中(今もですが笑)だった私に     「ステージダンサーの70%は(本当の)タンゴを踊れないよ」     と話してくれたのが印象に残っています(≧▽≦)   この「タンゴ」の意味は、「振付ではなく即興で踊るタンゴ」の意味ですが、 リカルド先生も「即興のタンゴが踊れてこそ振付のタンゴが踊れる(べき)」と仰っていました◎   又、あるダンサーが「タンゴの真髄はサロン(即興)タンゴにあり」と仰っていましたが、大会や映像などでステージタンゴを見る機会が多い中、やはり「本当のタンゴ」に拘りたいですね♡

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 15.03

    リカルド語録:学び

    by: Tango Rex/ 0

    以前スタジオでは、リカルド先生監修のタンゴを理論的かつ実践的に、より深く1年間で学ぶCIDコースというカリキュラムクラスを開講していました♪   1年間のコースの最後の日、コースを修了した生徒さん達にリカルド先生が     「今日でコースは終わりましたが、タンゴに限らず学びに終わりはありません」     と仰っていました(≧▽≦)   ソレは上級者になっても、先生になっても変わりません◎   私自身、教える立場になって思うのは、自分にとっての師匠の存在(私にとってはリカルド先生)はとても大事、そして"生徒さんから学ぶコトもある"とゆ~コトです☆   ご一緒に、一生タンゴを学び続けましょう♡      

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 08.03

    リカルド語録:4倍

    by: Tango Rex/ 0

    リカルド先生曰く、タンゴの上達において   男性は女性の4倍大変   だから男性は女性の4倍頑張らなければならない(≧▽≦) でも、習得したら   男性は女性の4倍楽しい   とのコトなので、男性陣頑張りましょう♡   そして女性陣は温かい目で見守りましょう♪笑

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 01.03

    リカルド語録:足音

    by: Tango Rex/ 0

    リカルド先生は、タンゴを踊る際、足音を立ててはいけないと仰っていました☆   何故なら、ダンスフロアでは「音楽だけが響いていなくてはいけない」から、と...   又、足を揃える際、わざと足音を立てるダンサーがいますが、ソレは     「田舎者の証」     だと... あくまで私ではなくリカルド先生の台詞です(^^;   何故なら、アルゼンチンの田舎では幼少期に必ずフォルクローレを踊るそうなのですが、フォルクローレは足音を立てて踊ります◎   つまりタンゴでも足音を立ててしまうのは、フォルクローレの名残=田舎出身、そしてフォルクローレでは足音を立てても良いけど、タンゴではNGだと(≧▽≦) 決して田舎出身が悪い訳はありません!!   因みに都会出身(笑)のリカルド先生は、フォルクローレは全く踊れませんでした笑  

    Categories : ブログ, リカルド語録
  • 日曜日 / 15.02

    リカルド語録:タンゴのメッカ

    by: Tango Rex/ 0

    タンゴのメッカはアルゼンチン   と言われますが、リカルド先生曰く   タンゴのメッカはアルゼンチンではなくブエノスアイレス   であり、又   ブエノスアイレス州ではなく、ブエノスアイレス市   であり、もっと言うと   ブエノスアイレス市の港町エリアのみを指す   とのコト☆   勿論、自分はズバリそのエリアの出身であると言うコトを 言いたい訳であります笑   タンゴにボーダーはありませんが、彼らだけの文化があるコトは事実ですね♡  

    Categories : ブログ, リカルド語録